大学の友人である知夏ちゃんにランチをご馳走になりながら、収入方法を教えて貰うことになりました。
無償でお金を支援してくれる人と出会った場所、それはパパ活アプリだと言います。
「私も最初は無料掲示板とか利用したけど、悪質なメールしか到着しなかったんだよね」
彼女は、ちょっと困った顔で説明を始めました。
大学生活は続けたかったから、必死になって収入方法を調べ続けたそうです。
コロナ禍で関係を作れると言えばオンラインパパだとわかったのだそうです。
「本当にオンラインで収入に?」
思わず聞いてしまいました。
「うん、時短営業で、思うように飲めないお金持ちがいるからね」
彼女、満面の笑みなのです。
「良いアプリ、JメールとワクワクメールとPCMAXをフル活用すること、そうすると会わないパパ活に成功するの」
女子大生ブランドがあるため、女子大生のパパ活はかなり有利であることを教えられます。
「美亜里はまた処女でしょ。それアピールするともっと食い付きいいかもよ」
彼女、若干スケベな微笑みを浮かべながら言うのです。
さらに攻略方法も教えてくれました。
それは自分からお金が欲しいと言っては駄目なこと。
さりげなく男の人の同情する気持ちを刺激してあげるのだそうです。
「複数パパも夢じゃないから」
彼女の言葉が染みました。
私も、Jメール、ワクワクメール、PCMAXに登録することにしました。

 

 ちょっと品性にはかけるけど、処女アピールしてみることにしたんです。
処女のパパ活で、大学生活を継続する収入探しを始めることになりました。
どのアプリも無料で利用できるところも有り難く感じました。
処女のパパ活を売りにして投稿してお金持ちにアピールしていくことになりました。
この行動が、コロナを生き延びる出会いに繋がることになるなんて!