大学の学費を自分で出さなければいけない私にとり、アルバイトは欠かすことが出来ないものです。
入学してから、居酒屋で仕事をするようになっています。
決して楽な生活ではありませんが、大学生活を続けるためにはアルバイトのシフトは多くなくてはいけません。
正直、ある意味アルバイト漬けな大学生活とも言えるかもしれません。
友達と遊んだりする時間すら、あまりなかったりもします。
それでも大学に通うために、仕事をして収入を得なければなりませんでした。
正直、彼を作る時間すらない感じがします。
恥ずかしいですが、まだ男性経験がない処女だったりもします。

 

 2021年って、本当に最悪って感じでした。
何故かと言えば、新型コロナです。
海外で、多くの感染者を出していた病気です。
このコロナが日本にやってきて、それまでの生活を滅茶苦茶にしました。
接触で感染する病気です。
サービス業は大きな打撃を受けることになります。
緊急事態宣言によって、お仕事が中断。
また多少落ち着きを見せた頃は、蔓延防止措置が取られるようにもなります。
時短営業のため、収入が極端に減る状態です。
このままじゃ、大学生活を本当に中止しなければって焦りを感じていました。
コロナ不況もあり、新しい仕事を見つけることも難しかったのです。
ただ、この状況を助けてくれたのが、おじいちゃんでした。
おじいちゃん、ちょっとした貯蓄を切り崩し、大学費用にまわしてくれました。
この時点で、助けられて本当に良かったと思います。

 

 感染者が極端に減り平穏な生活だと思っていたのに、第6波がやってきました。
またも時短営業なのですから。
誰かに頼ることも難しい状態で、貢ぐ男の人と出会いたいと考えるようになりました。
Twitterではお金を配るような男性の存在もあります。
ネットで貢ぐ男の人と出会えるんじゃないのか?
私を支援してくれる人と会えるんじゃないのか?
貢ぐ男の人を見つけて大学の学費を支援してもらいたい。
淡い期待を持つようになっていました。